【豆知識】万年筆の太さのイメージ基本3種


最近、万年筆に興味を持ちちょっと買ってみようかと、明治37年創業、文房具の銀座・伊東屋に万年筆を見に行きました。伊東屋さんはスタイリッシュな文具が充実しててついつい長居してしまいますね。

さて万年筆は、インクの補充のタイプやペン先の太さなどがかなりの種類がありそれだけで初心者の自分は委縮してしまいます。せめて最低限の太さだけでも備忘録としてここに書き記しておきます。

万年筆のペン先の一般的な太さはEF(極細)、F(細字)、M(中字)、B(太字)。 ※メーカーによっては10種類を超えるペン先の種類が用意されているようです。

3種類だけ抑えておこう太さのイメージ(水性ボールペンに例えると)
EF:約0.2mm ※持ち方:立てて持つ方
F:約0.3mm ※持ち方:やや立てて持つ方
M:約0.5mm ※持ち方:やや立てて持つ方

万年筆はメンテナンスが必要だそうですが、銀座・伊東屋にはペンケアをしてくれるスペース(有料)がありますので調子がおかしいなと思ったらここに持ち込もうかと思います。

【弊社、㈱電猫について】

弊社ではオリジナル雑貨の制作・デザイン等のご依頼を承っております。
WEBサイトで紹介されていない商品もございますので、お気軽にご相談ください。

【オリジナル商品制作のお問い合わせ(個人・法人)】
オリジナル商品制作(OEM)、ノベルティグッズ制作、同人グッズ制作、デザイン制作のお問い合わせは、株式会社電猫へ。
PC版問い合わせフォームはこちらから
スマートフォン版は問い合わせフォームはこちらから

株式会社電猫
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-14-4
東方通信社ビル4F
TEL:03(3868)0902

法人・個人様どちらもお気軽にご相談ください。